鳥倉の事業再生Blog 経営者の人生にフォーカスした事業再生を

円滑化法後のリスケをめぐる話題

Photo by oza

Photo by oza

平成28年1月14日 金融庁
金融機関における貸付条件の変更等の状況について
http://www.fsa.go.jp/news/27/ginkou/20160114-1.html

定例発表の統計データです。
発表の目的は『金融円滑化法の精神』がいかに
引き継がれているかです。

確かに、統計の目的である直近の申込に対する
実行率は98%と高く、
返済の見直しを依頼した会社のほぼ全てが対応されています。

しかし、この統計の問題は

A 貸出条件変更等の申込件数であり
  申出社数の特定ができない。
 
 →1社でも何契約も借入口があるのが普通であり、
  これまで累計7,104,694件の申込があるが、
  40万社程度と類推されている。

 →社数を特定しないのは信用不安が起こらない為と
  統計を取り始めた当初は報道された。

B 貸出条件変更等の申込件数は
  統計を取り始めたH22/3から49万件(4ヶ月)
  円滑化法が終わったH25/3で62万件(6ヶ月)
  直近のH27/9で49万件(6ヶ月)

→ピークで半期70万件の申込があったことを考えると
 49万件に減ったことを喜ぶべきか?

 3ヶ月、半年、1年で変更契約を繰り返し
 締結する為、基本的にはこの数値は減少しにくい。

 円滑化法なき後も49万件も申し入れがあるとして
 中小企業の事業再生問題はサッパリ解決していない。


Aは、今に始まったことで仕方無いとして、
Bについて私は問題と感じています。

この49万件は、『ゾンビ企業問題』とされ、
倒産件数の減少の中で、
・目に見えない倒産問題
・行き倒れ型倒産
等とされていますが、まだ確かな分析がされていません。

私は、日々サッパリ解決していない
事業再生の問題に社長と向き合っています。

出口の見えない再生に挑まれている方は、
ご相談頂ければと思います。

カテゴリ

最新記事